[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 冬に美味しいあったか豆乳がおすすめ!健康にもいい | アイドランナー

冬に美味しいあったか豆乳がおすすめ!健康にもいい

豆乳は今、大ブーム。

スーパーに行くと、豆乳コーナーには様々な種類が並んでいます。

キッコーマンからは30種類以上の、豆乳飲料があるのには驚きです。

この豆乳を、温めて飲む方が流行っています。

特に、これから寒くなってくる冬にはおすすめ、あったかい豆乳は身体もポカポカに!

豆乳は、意外な効果があることを知っていますか。

美味しいだけでなく、健康に美容にいいんです。

そこで、ここでは豆乳に関するちょっとした豆知識から、効果などをまとめてあります。

豆乳はどうやって作られている

豆乳は、大豆から作られています。

作り方は、シンプルで簡単です。

自宅でも作れます。

大豆を一晩水につけておきます。

水につけておいた大豆は、水分を含んで柔らかくなっています。

大豆をお鍋に入れ、水を加えて強火で煮ます。

沸騰したら、弱火で10分程煮ます。

大豆をさらしで絞ってできた水分が豆乳で、固形がおからです。

豆乳ににがりを加えたのが、豆腐になります。

豆乳の2つの種類

豆乳には「調製豆乳」と「無調整豆乳」があります。

「無調整豆乳」とは、添加物も何も加えず、調整せずに作られた豆乳。

「無調整豆乳」は砂糖や塩を加えて飲みやすく製造されたものです。

だから、「無調整豆乳」の方が、何も加えていない分カロリーも低いんです。

タンパク質も「無調整豆乳」の方が多いので、カロリーやタンパク質を気にする方は、「無調整豆乳」がおすすめです。

ただ、「無調整豆乳」は味が好みでじゃない、飲みにくいという方もいますので、無理をせずに、飲みやすい豆乳にしましょう。

30種類以上の豆乳飲料の種類

豆乳飲料の種類は、沢山あります。

ココア豆乳、抹茶豆乳、アーモンド豆乳、バナナ豆乳、紅茶豆乳、きなこ豆乳、メロン豆乳・・・

スーパーの豆乳コーナーで探してみてください。

豆乳の効果

豆乳には、イソフラボンが豊富に含まれいます。

イソフラボンは、過剰な女性ホルモンを抑制して、乳がんを防いでくれる効果があります。

自律神経を調整する働きをする効果もあると、言われています。

また、前立腺がんを抑制する効果もあることが証明されています。

イソフラボンは肌の調子を整えるエストロゲンの働きをサポートしてくれるので、女性には嬉しい美肌効果もあります。

豆乳飲料では、ゴマ豆乳が高血圧にいいとされています。

ダイエットには、きなこ豆乳、ココア豆乳、抹茶豆乳、バナナ豆乳が効果があります。

それぞれ効果のある飲み方が違うので、正しい飲み方でダイエットしましょう。

味が違うので、好みの味もありますね。

豆乳ダイエットに興味のある方は、こちら記事も参考にして下さい。

あったか豆乳レシピの注意点

これから寒い冬に季節。

あったか豆乳は、美味しくて冬におすすめ。

身体の中からあったまります。

豆乳お鍋も美味しいですね。

でも、あったか豆乳レシピには、入れる時に注意することがあるんです。

イソフラボンは95℃以上で、減少すると言われています。

さらに60度以上でタンパク質が固まってしまうので、分離する可能性があります。

豆乳をお鍋に入れるときは、沸騰させずに弱火にしてから入れましょう。

まとめ

そのままでも、温めて飲んでもおいしいあったか豆乳は美味しくておすすめです。

特に寒い冬は、温まります。

ティータイムにでも、ちょっと一息、あったか豆乳はいかがでしょう。