[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 忙しい人でも自宅で簡単に作れる美味しい豆乳の作り方! | アイドランナー

忙しい人でも自宅で簡単に作れる美味しい豆乳の作り方!

豆乳ブームで、豆乳は大人気の飲み物になっています。

そのまま飲んでもいいし、あったためて飲んでも美味しいです。

冬には、温めたあったか豆乳がおすすめです。

豆乳飲料は種類も様々なものが、メーカーから登場しています。

中には、こんな豆乳飲料もあります。

おしるこ豆乳、焼きいも豆乳、いちご豆乳、バニラアイス豆乳、あずき豆乳・・・など

豆乳は、大豆から作られています。

市販でも売られていますが、豆乳は自宅でも簡単に作れるんです。

手作りの豆乳は、また格別です。

その豆乳から豆腐も作れます。

手作りだと、大豆だけでを使って豆乳、豆腐、おからを作る事ができるんです。

必要な材料は大豆だけなので、経費もかかりません。

豆乳の作り方

< 用意する道具 >

ミキサー

さらし
軽量カップ
ボウル
へら

< 材料 >(500ml位作れます)

大豆:100g
水:4カップ

< 作り方 >

1.大豆をきれいに洗って、1晩付けておきます(付けておく時間は、気温にもよります。)大豆が3倍位の大きさになっていればOKです。

2.大豆と漬けていた汁をミキサーにかけます。漬け汁が400ml に足りないようだったら、水を足します。

3.砕いていって滑らかにしていきます。こうしてできた大豆の液の事を「生呉」おいいます。

4.生呉を鍋に入れて、弱火で木べらでかき混ぜるながら煮ていきます。10分位、加熱していきます。泡が出て吹きこぼれそうな場合は、一旦火を止めて、泡が落ち着いてから火を入れましょう。

5.大きめのさらしの布を、ボウルに広げます。そこに4を流し込んで絞っていきます。やけどしないように気を付けながら、熱いうちに絞っていきます。

6.絞ったものが豆乳。豆乳の完成です。約500mlできます。さらしに残ったのがおからです。

豆腐の作り方

< 用意する道具 >

温度計

木べら
ペーパータオル
お玉

< 材料 >

豆乳:2カップ
にがり:小さじ1

< 作り方 >

1.豆乳を温めます。最初は中火で70℃~75℃位に温めます。

2.木べらでかき混ぜながら、焦げないようにします。

3.渦ができたら、鍋の縁周りににがりを投入します。

4.にがりを投入したら火を止めます。5回位静にき混ぜて、木べらを使ってできている渦を止めます。にがりを投入したら3分程で固まるので、投入後は手早くします。混ぜすぎると分離しあり、固まらなくなってしまいます。

5.お鍋に蓋をして、固まらませます。10~15分程置きます。

6.ざるにペーパータオルを敷いて、豆腐をお玉ですくって入れます。15分ほど水切りをします。

7.豆腐の完成です。豆腐をお皿のもって、お好みで醤油、生姜、ネギ、かつお節などをのせて頂きましょう。最初は、何もかけずに豆腐そのまま味ってもいですね、濃厚で美味しいです、豆腐そのままのあじが楽しめます。

 

おからのレシピ

おからは、捨てるはもったいないです。

おからにも、大豆の栄養が含まれています。

しかも、食物繊維が豊富に含まれています。

おからのレシピは沢山あります。

⋅ おからのハンバーグ
⋅ おからの肉団子
⋅ おからのコロッケ
⋅ おからのグラタン
⋅ おからのドーナッツ

など、まだまだ沢山あります。

おからを入れることで栄養のバランスもよく、カロリーも抑えられてヘルシーになります。

 

まとめ

大豆は、イソフラボンが豊富に含まれている健康食品です。

豆乳を作るのは難しいと思いがちですが、忙しい人でも簡単に美味しくできます。

手作りだと、豆乳だけでなく、豆腐、おからもできて楽しいです。